2014年07月06日

CEDEC2014のプログラム

CEDEC2014のほとんどのプログラムが公開されたようです。

【CEDEC2014 セッション一覧】
http://cedec.cesa.or.jp/2014/session/index.html#

今年は、ゲームデザイン関係のセッションも増えて、30近くもあります。

【CEDEC2014 セッション一覧:ゲームデザイン(GD)】
http://cedec.cesa.or.jp/2014/session/GD/index.html

自分は、まだCEDECに行けるかは未定ですが、今年のCEDECは何か新しい展開を予感しますね。期待です。
posted by 企画屋一号 at 08:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 勉強会(MTG)

2012年08月19日

ニコニコ生放送でのCEDEC2012の放送スケジュール

ニコニコ生放送でのCEDEC2012の放送スケジュールです。

---------------------------------------------
---------------------------------------------
CEDEC 2012 生中継 1日目 桜井 政博氏 基調講演『あなたはなぜゲームを作るのか』 (番組ID:lv104391068)
http://live.nicovideo.jp/watch/lv104391068

---------------------------------------------
CEDEC 2012 生中継 1日目(サブホール) (番組ID:lv104391763
http://live.nicovideo.jp/watch/lv104391763
11:20〜12:20
「ソウルキャリバー5の描画パイプラインとテクスチャカスタマイズ技術」
谷 史郎 (株式会社 バンダイナムコスタジオ)

13:30〜14:30
「60fpsへの道:Flashゲームにおけるパフォーマンスチューニングの A to Z」
ホール アンディー (アドビ システムズ 株式会社)

14:50〜15:50
「HTML5+JavaScriptによるフレームワークを用いたゲームUI開発手法」
伏見遼平 (株式会社ユビキタスエンターテインメント) ほか1名

17:00〜17:30
「非ネイティブクロスプラットフォーム3Dグラフィックス開発」
林洋人 (株式会社セガ)

---------------------------------------------
CEDEC 2012 生中継 1日目 (メインホール) (番組ID:lv104498197)
http://live.nicovideo.jp/watch/lv104498197

14:50〜15:50
「ザ・メイキング・オブ・フィロソフィー 〜ハイエンドリアルタイム映像の未来を語る〜」
橋本 善久 (株式会社スクウェア・エニックス) ほか2名

16:30〜17:30
「パズル&ドラゴンズ 〜嫁と開発と私〜」
山本 大介 (ガンホー・オンライン・エンターテイメント株式会社)

17:50〜18:50
「バンダイナムコS3D大喜利」
石井 源久 (株式会社バンダイナムコスタジオ) ほか5名



---------------------------------------------
---------------------------------------------
CEDEC 2012 生中継 2日目(メインホール) (番組ID:lv104392417)
http://live.nicovideo.jp/watch/lv104392417
13:30〜14:30
「 西川善司の「CEDEC 2012」ゲーム開発マニアックス(物理シミュレーション/GPGPU編)」
西川善司 (TRY-Z) ほか5名

---------------------------------------------
CEDEC 2012 生中継 2日目(サブホール) (番組ID:lv104392750)
http://live.nicovideo.jp/watch/lv104392750

11:20〜12:20
「ゲーム業界人事担当者対談2012」

13:30〜14:30
「仕事紹介 〜 プログラミング&ゲームデザイン 〜」

14:50〜15:50
「仕事紹介 〜 ビジュアル・アーツ&サウンド 〜」

16:30〜17:30
「仕事紹介 〜 オンライン&ネットワーク 〜」

---------------------------------------------
CEDEC 2012 生中継 2日目 CEDEC AWARDS(メインホール) (番組ID:lv104499183)
http://live.nicovideo.jp/watch/lv104499183



---------------------------------------------
---------------------------------------------
CEDEC 2012 生中継 3日目 上杉 裕世氏 基調講演『デジタル製作環境におけるアナログマインド 』 (番組ID:lv104501672)
http://live.nicovideo.jp/watch/lv104501672

---------------------------------------------
CEDEC 2012 生中継 3日目(メインホール) (番組ID:lv104393094)
13:30〜14:30
「「もしドラ」 x CEDEC 〜ミリオンセラーを狙う為の秘訣〜」
岩崎 夏海 ((株)吉田正樹事務所) ほか2名

16:30〜17:30
「西川善司の「CEDEC 2012」ゲーム開発マニアックス(グラフィックス編)」
西川善司 (TRY-Z) ほか5名

17:50〜18:50
「CEDEC CHALLENGE: PERACON2012〜今年もガチバトル〜ペラ企画コンテスト結果発表」
遠藤 雅伸 (CEDEC 2012運営委員会) ほか3名

---------------------------------------------
CEDEC 2012 生中継 3日目(サブホール) (番組ID:lv104393540)
http://live.nicovideo.jp/watch/lv104393540?ref=tim&zroute=index
11:20〜12:20
「ストリートファイター X アジャイルで直接対決 X 鉄拳」
田口 昌宏 (株式会社ディンプス) ほか3名

13:30〜14:00
「リアルタイムPtexとベクターディスプレイスメント」
原田隆宏 (Advanced Micro Devices, Inc.)

14:00〜14:30
「実写画像を用いたShell Texture自動生成手法」
宇梶弘晃 (早稲田大学)

14:50〜15:20
「今更訊けない!データマイニングに基づいたソーシャルゲーム運営法」
森 貴寛 (ジープラ株式会社) ほか1名

15:20〜15:50
「プラットフォーマーになりたくてSNSサイトを作った話」
福田 誠二 (ポリゴンマジック株式会社) ほか2名


---------------------------------------------
---------------------------------------------
ニコニコ生放送CEDECチャンネル
http://ch.nicovideo.jp/channel/ch225
CEDEC2012公式ページ
http://cedec.cesa.or.jp/2012/index.html

posted by 企画屋一号 at 20:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 勉強会(MTG)

2010年09月27日

CEDEC 2010を振り返って 〜第3日目〜

【9/2】三日目


・Defying Gravity: The Art of Tangible Bits
 重力に抗して:タンジブルビット
 石井 裕 (マサチューセッツ工科大学

http://cedec.cesa.or.jp/2010/program/KN/C10_I0007.html

・MIT教授 石井裕氏による基調講演「重力に抗して:タンジブルビット」
2200年の未来に何を遺すか? すべてのクリエイターに向けたメッセージ
・石井 裕教授が,基調講演「Defying Gravity: The Art of Tangible Bits 重力に抗して:タンジブル・ビット」で披露したMITメデ...

Tangible Media for Design and Inspiration


タンジブルビットとは、人間とコンピューターの距離を近づけるための考え方と技術です。
例えば、瓶を開ければ中に入っている内容物の香りを感じることができるのと同じように、瓶を開けることで音楽が再生されるデバイスを作ることで、誰でも直感的に分かるインターフェイスのコンテンツを作成可能となります。

このタンジブルビットを考え出したMIT教授 石井裕氏の講演は大変素晴らしく、CEDECに参加して本当に良かったと思いました。
まず、一点目に「プレゼンが圧倒的にうまい」ことに感動しました。次に、タンジブルビットが、今後のゲームの在り方を変えるヒントとなりうる内容であったことです。
現在のゲームデザインのインターフェイスの主流は「スイッチ」が基本となっています。コントローラーはスイッチの集合体です。アナログスティックで進化はしましたが、ボリュームつまみなどと同じようにスイッチの延長線上にあるものには違いありません。
スイッチは、あくまで処理をオン、オフするための記号化されたものです。ゲームと相性が良いインターフェイスは、車のハンドルコントローラや、飛行機のフライトスティックなどです。車や飛行機は、元々、動作や処理を記号化した機械ですので、そのコントローラがゲームと相性が良いのは当然と言えるでしょう。

しかし、私たちが手に触れる瓶やハサミなど、実際の道具とコントローラには、操作性に距離があります。ゲームのRPGなどで瓶が出た場合、コントローラのボタンを押して開けるというインターフェイスが一般的になるわけですが、そこには「現実感との距離」があります。

タンジブルビットの考え方は、ゲームをこれまでのスイッチが主体のコントローラからプレイヤーを解放する可能性があります。Wiiリモコンなどのモーションコントローラの出現は、その兆しかもしれません。

確実に一歩先を見据えた石井裕氏のタンジブルビットは、自分にとっても大きなアイデアの種を頂いたと思いました。

下記のページからタンジブルビットの様々な資料を見ることが出来ます。

tangible media group
http://tangible.media.mit.edu/


続きを読む
posted by 企画屋一号 at 11:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 勉強会(MTG)

2010年09月23日

CEDEC 2010を振り返って 〜第2日目〜

【9/1】二日目


・ゲームの知能と小説の感覚 ヒトの宇宙の究極(?)問題を考える
 基調講演 瀬名 秀明 (作家)

http://cedec.cesa.or.jp/2010/program/KN/C10_I0006.html

・瀬名秀明氏基調講演「ゲームの知能と小説の感覚 ヒトの宇宙の究極(?) 問題を考える」
・人気作家・瀬名秀明氏が明かす、ゲームのポイントは ...

「パラサイト・イヴ」の著者であり、薬学博士でもある瀬名秀明氏の基調講演です。
「重力」をテーマに、AIのチューリングテストから、瀬名氏は自らのパイロット体験、そしてミラーニューロンまでと、様々な視点から「人と重力」の関わり合いについて語られました。

特にフライトシミュレーターが好きな自分としては、瀬名氏のパイロット体験の話が興味深い内容でした。
人間の生活のほとんどは地上で生活しているため、二次元平面上で考えることがほとんどです。
これは、「地面」と「重力」があるおかげです。しかし、飛行機で空を飛ぶと、この「二次元の常識」が通用しません。それは、飛行機の操縦が完全な三次元空間での活動となるためです。
パイロットがもっとも恐れることに、「ファルスホライズン」と呼ばれるものがあります。
これは、飛行機の操縦時に「水平線」を見失い、どの方向に地面があるのか分からなくなる現象です。主に、快晴時の海など目印となるものが少ない環境で「ファルスホライズン」になりやすいと言われており、熟練したパイロットでも地平線を見失い事故を起こすことがあります。

私たちは常に「重力」を感じていることを考えると、一見ありえそうにもないことですが、実際には、飛行機の「移動時のG」や「思い込み」によって「ファルスホライズン」に陥ってしまうのです。また、一度、「ファルスホライズン」になると、自分で思った「水平」を維持しようと働き、計器が水平を示していなくても、計器の故障だと思ってしまうこともあるようです。

このように、「重力」は「地面に対してひっぱる力」だけでは認識できない「力」であることを瀬名氏はパイロット経験を通じて伝えようとしてくれていたのではないかと思います。





続きを読む
posted by 企画屋一号 at 10:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 勉強会(MTG)

2010年09月14日

CEDEC 2010を振り返って 〜第一日目〜

今年もCEDECへ行ってきました。
講師としては、三年目になるCEDEC2010。
セッションは公募制となり公募数は予定の3倍近にもなった今年のCEDECは、
レベルの高い内容となっていました。




CEDEC2010
http://cedec.cesa.or.jp/2010/
8月31日〜9月2日 開催
会場:パシフィコ横浜






【8/31】一日目

・オープニングスピーチ
 和田 洋一 CESA会長
・CEDECとは そのもたらす価値の追求
 松原 健二 CEDECフェロー

http://cedec.cesa.or.jp/2010/program/KN/C10_I0058.html

・CESA会長 和田氏のオープニングスピーチで今年もCEDECが ...
・CESA Developers Conference 2010がパシフィコ横浜にて開幕
CEDECフェロー松原氏「課題の顕在化が叡智を呼び起こす」
・CEDECはゲーム開発者の「課題を顕在化する場」,そして「自己研鑚を促す場」である。松原健二氏による基調講演「CEDECとは? ─そのもたらす価値の追求─」
・和田会長によるオープニング「日米欧の差はオープンな議論...

オープニングスピーチは、CESA会長 和田氏。
「最近、ゲーム産業で日本が欧米から遅れを取っているということを言われるが、そうは思わない」との話から、CEDECで開発者が交流することへの期待が語れました。
そして、CEDECフェロー松原氏の講演では、CEDEC初のニコニコ生放送にて生中継を実現。
CEDECの歴史、意義、そして、これからのCEDECの展望が語れました。
また、ご自身が過去に参加された北米開発者イベント"HotChips"での体験を元に「顕在化(共有化)が叡智を呼び起こす」ことの重要性について大きく触れられていました。


続きを読む
posted by 企画屋一号 at 11:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 勉強会(MTG)

2010年09月12日

CEDEC 2010関連記事まとめ

CEDEC2010に関するネット記事を集めてみました。
CEDECに参加された方は復習用資料として、参加されなかった方はどんな講演があったのか、これらの記事からチェックしてみましょう。



CEDEC2010
http://cedec.cesa.or.jp/2010/
8月31日〜9月2日 開催
会場:パシフィコ横浜

続きを読む
posted by 企画屋一号 at 20:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 勉強会(MTG)

2010年08月28日

CEDEC2010 ニコニコ生放送ライブ配信決定!

CEDEC2010の「ニコニコ生放送ライブ配信」が決定しました。
CEDECに行けない人も、ニコ生でその雰囲気を体験できます!




【CEDEC EXPRESSより】
http://cedec.cesa.or.jp/2010/newsletter/0827.html

いよいよ、来週に開幕が迫ったCEDEC 2010。
今年のCEDECでは、セッションの一部を、「ニコニコ生放送」でライブ配信することが決まりました!
残念ながら、会場に足をお運びいただけない方は、ぜひ、「ニコニコ生放送」でCEDEC会場の熱気を少しでもご体感いただければと思います。


★ライブ配信は「ニコニコ生放送」から!
http://live.nicovideo.jp/


★ライブ配信予定のセッション
  ※配信セッション、スケジュールは予告なく変更する場合がございますので、
   あらかじめご了承ください。

【8月31日(火)】
9:45〜9:55
●オープニングスピーチ
 和田 洋一 社団法人コンピュータエンターテインメント協会(CESA) 会長

9:55〜11:05
●CEDECとは? ―そのもたらす価値の追求―
http://cedec.cesa.or.jp/2010/program/KN/C10_I0058.html
 ジャンル:基調講演
 松原 健二 CEDECフェロー

11:20〜12:20
●ゲームプラットフォームの未来
http://cedec.cesa.or.jp/2010/program/PD/C10_I0023.html
 ジャンル:プロデュース

13:30〜14:30
●FinalFantasyXIVにおけるキャラクター制作
 〜品質を支えるワークフローと制作手法〜
http://cedec.cesa.or.jp/2010/program/VA/C10_I0057.html
 ジャンル:ビジュアル・アーツ

14:50〜15:50
●LostPlanet2 DirectX11 Features
http://cedec.cesa.or.jp/2010/program/PG/C10_P0167.html
 ジャンル:プログラミング

17:50〜18:50
●小さくまとまるな!
 〜構想10年、制作3年 サイバーコネクトツー流NDSビッグタイトルのつくりかた〜
http://cedec.cesa.or.jp/2010/program/GD/C10_P0086.html
 ジャンル:ゲームデザイン


【9月1日(水)】
11:20〜12:20
●人を楽しませるプロデュース
http://cedec.cesa.or.jp/2010/program/PD/C10_I0024.html
 ジャンル:プロデュース

14:50〜15:50
●西川善司の「CEDEC 2010」ゲーム開発マニアックス(グラフィックス編)
http://cedec.cesa.or.jp/2010/program/PG/C10_P0244.html
 ジャンル:プログラミング


【9月2日(木)】
9:45〜11:05
●Defying Gravity: The Art of Tangible Bits
 重力に抗して:タンジブルビット
http://cedec.cesa.or.jp/2010/program/KN/C10_I0007.html
 ジャンル:基調講演
 石井 裕 マサチューセッツ工科大学 教授

11:20〜12:20
●FINAL FANTASY XIV のアニメーションワークフロー
 〜単純作業からの解放!よりクリエイティブな世界へ!〜
http://cedec.cesa.or.jp/2010/program/VA/C10_P0040.html
 ジャンル:ビジュアル・アーツ

16:30〜17:30
●CEDEC CHALLENGE: Photoshop(R) ペイントマイスター
http://cedec.cesa.or.jp/2010/program/VA/C10_I0015.html
 ジャンル:ビジュアル・アーツ

17:50〜18:50
●次期アイドルマスター グラフィクス&アニメーション プログラミング プレビュー
http://cedec.cesa.or.jp/2010/program/VA/C10_P0172.html
 ジャンル:ビジュアル・アーツ

posted by 企画屋一号 at 08:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 勉強会(MTG)

2010年08月27日

CEDEC2010 飲み会情報

今年のCEDECは、なんと6つもの飲み会が予定されています。
まだ、応募受付している飲み会がありますので、ぜひどうぞ!


【8/31 若手CEDEC】(申し込み終了?)
入社1〜3年目対象にしたCEDEC交流会です。
http://atnd.org/events/7109


【9/2 裏CEDEC】(募集中)
http://ura-cedec.com/
http://atnd.org/events/6594
2001年から開催されているImagireさん主催の「裏CEDEC」です。
ゲーム業界でR&D関連の仕事されている方をメインに募集されています。


【9/2 CEDEC Twitterオフ会 TwiCEDEC】
http://tweetvite.com/event/twicedec
yoh7686さん主催の「CEDEC Twitterオフ会」です。
ゲーム業界関係者だけでなく、学生も参加できます。


【9/2 CEDEC2010 アーティスト交流会】(申し込み終了)
アーティスト(グラフィックデザイナー)向け交流会です。
http://ted.blogs.com/game_artist/


【9/2 After CEDEC】(募集中)
http://atnd.org/events/6932
「〜ゲーム構築を主体とし、いいゲームを創る意識の高い者は集え〜」をコンセプトに開かれる交流会です。
職種指定はありません。
(当日、看板用意して誘導予定だそうです)


【9/4 後CEDEC】(募集中)
http://atnd.org/events/7550
「後CEDEC〜今年のCEDECをつまみに軽く飲みましょうか」をコンセプトにに開かれる交流会です。




【最新情報】
08/27 TwiCEDECですが、まだ募集終了していないようです。
posted by 企画屋一号 at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 勉強会(MTG)

2010年08月05日

軍平ナイト2010 録画公開

横井軍平氏をどこまでも深く掘り下げて語り尽くす「軍平ナイト2010」が開催されました。
USTREAMで録画が公開されていましたので、ご紹介します。

軍平ナイト2010 (1/2)
http://www.ustream.tv/recorded/8605310


軍平ナイト2010 (2/2)
http://www.ustream.tv/recorded/8607243




【関連記事】
軍平ナイト2010 7月30日開催!
http://o-planning.sblo.jp/article/39721995.html

横井軍平が帰ってくる!? 「ラブテスター」「横井軍平ゲーム館」復刻!!
http://o-planning.sblo.jp/article/39135529.html

CMで振り返る横井軍平さん
http://o-planning.sblo.jp/article/34121551.html















posted by 企画屋一号 at 08:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 勉強会(MTG)

2010年08月04日

【告知】今週の生放送の予告PV作りました「特集ゲームAI・NOON」



くわしくは、こちら。
【告知】第6回ゲーム企画・仕様作成ダダ漏れまとめ放送 「特集ゲームAI」
http://o-planning.sblo.jp/article/39953527.html

では、土曜日お会いしましょう!
posted by 企画屋一号 at 21:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 勉強会(MTG)

2010年08月01日

【録画公開】第5回ゲーム企画・仕様作成ダダ漏れまとめ放送 エフェクトについて

昨日のUStream生放送の録画を公開しました。
ご覧頂きました皆様、本当にありがとうございました。
次回の「まとめ放送」まで期間限定で公開していますので、興味のある方はぜひどうぞ。

【録画公開】第5回ゲーム企画・仕様作成ダダ漏れまとめ放送
第一部 次世代ゲーム企画を考える
 ・「企画から見たゲームAIの潮流」
 ・ゲームデザインはどこへ行こうとしているのか?
第二部 今週のまとめ(60分)
 ・今週のまとめ「エフェクトとアクション仕様」
 ・質疑応答(10分)
http://www.ustream.tv/recorded/8632221
(今回、第一部については録画非公開となりました)


上のアドレスからご視聴いただいた方が見やすいですが、サクッと見たい方は、下記の再生ボタンをどうぞ。



昨日の生放送のつぶやきをrockout77さんがtogetterに登録してくれました。
.お気に入り..仕様作成ダダ漏れエフェクト編視聴+ゲームエフェクト意見交換 http://togetter.com/li/39056

また、エフェクトについては、CEDEC 2010の下記のセッションで興味深いお話があるようです!!
講師は、セガ岩出 敬さん、サイバーコネクトツー下田 星児さん、スクウェア・エニックス吉田 光陽さん・佐藤 修一さんの豪華メンバーです。

ゲームエフェクトの今とこれから 〜FXアーティストラウンドテ−ブル
http://cedec.cesa.or.jp/2010/program/VA/C10_P0065.html

今後も、より見やすく聞きやすい放送を目指していきたいと思います。
よろしくお願いします!
posted by 企画屋一号 at 10:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 勉強会(MTG)

2010年07月28日

SIGGRAPH 2010開幕!

CGとバーチャルリアリティ技術の学会「SIGGRAPH 2010」が開幕しました。
http://www.siggraph.org/s2010/

今後このページでは、SIGGRAPH2010の情報を継続して追っかけて行きたいと思います。まずは、SIGGRAPH 2010のトレーラーからどうぞ。

SIGGRAPH 2010 : Computer Animation Festival Trailer


SIGGRAPH 2010 : Emerging Technologies Trailer


SIGGRAPH 2010 : Technical Papers Trailer


続きを読む
posted by 企画屋一号 at 10:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 勉強会(MTG)

2010年07月24日

CEDEC2010参加します!


http://cedec.cesa.or.jp/2010/

CEDEC2010「続・ゲームAIを横浜で語る」に長久さん三宅さんといっしょに講師として参加することが決まりました!



続・ゲームAIを横浜で語る
http://cedec.cesa.or.jp/2010/program/PG/C10_P0150.html

[日時] 9月1日(水) 16:30〜17:30
[形式] ラウンドテーブル
[受講スキル]
ゲームAIに関する実務経験、もしくは、ゲームAI開発に従事することを前提とした勉強の経験。短い時間で集中した議論を行うため、過去のCEDECにおけるAI関連セッションの受講や、AIに関する文献を読んでいるなど、入門レベルで構わないので、知識があることが望ましい。職種は問わない。企画職、技術職、様々な立場からの創造的議論を目指す。

[受講者が得られるであろう知見]
受講者同士でゲームAIについて議論することで、セッションの受講や、講師との質疑応答からは得られない、認識の共有と理解の深化を行える。

[内容]
ラウンドテーブル「ゲームAIを語る」シリーズ第4弾として、昨年までの議論も踏まえ、受講者による議論を行う。

まず、ラウンドテーブルまでに実施済みのAI関連セッション(ポスター含む)について議論し、受講者の間で知見を共有する。

次に、昨年までの議論の蓄積を元に、同じテーマで現状について議論する。昨年までのラウンドテーブル事後資料(http://kgr-lab.ddo.jp/download/cedec09nagaku.zip)に、これまでの議論の経緯がまとめられているので、参考資料として頂きたい。

また、三宅が行っている「ゲームAIラウンドテーブル・オン・ツイッター」のフォローも行う。
第1回 http://togetter.com/li/14195
第2回 http://togetter.com/li/18668 http://togetter.com/li/18678
第3回 http://togetter.com/li/26781 http://togetter.com/li/26779

これらの議論に際しては、IGDA日本「ゲームAI連続セミナー」関連資料(http://blogai.igda.jp/article/33936286.html)も参考のこと。



またCEDECに先駆け、本日、三宅さんがTwitterで「ゲームAIラウンドテーブル・オン・ツイッター 第4回」を開催します。
7/24(土)深夜 24:30 - 26:00

このラウンドテーブルは、twitter 上で、毎回テーマを決めて、
自由に討論するもので、一つの議論があるというよりは、自分が話したい方向へそれぞれが相手をみつけて議論を作って行くものです。

今回のテーマは「キャラクターの挙動」です。
NPCの動作(ビヘイビア)について企画、実装、両面から議論します。

是非、ご参加ください。


posted by 企画屋一号 at 09:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 勉強会(MTG)

2010年07月20日

軍平ナイト2010 7月30日開催!

横井軍平氏をどこまでも深く掘り下げて語り尽くす「軍平ナイト2010」が開催されます。すでに会場は満員とのことですが、USTREAMで生放送がありますので、ぜひご覧下さい。

軍平ナイト2010 予告動画

続きを読む
posted by 企画屋一号 at 08:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 勉強会(MTG)

2010年07月15日

CyberConnect2のcc2Live「商品デザインとゲームデザイン」講演配信が凄い!その2

「CC2 LIVE」と題し、サイバーコネクトツー社内で実施される講演がWEB配信されています。
7/12(月)に第三弾が生放送されました。
http://www.cyberconnect2.jp/live/
http://www.ustream.tv/channel/cc2live

今回のテーマは「ゲームプロデュース」。
中村さんご自身がプロデュースされた「もじぴった」を例に、緻密かつ粘り強く行われたプロデュース活動の全貌が分かりやすくご本人によって解説されています。

録画アーカイブも公開されました。
必見です!

CC2LIVE 07/12/10 02:32AM

続きを読む
posted by 企画屋一号 at 11:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 勉強会(MTG)

フロム・ソフトウェアの学生向けインターンシッププログラム説明会を生放送!

フロム・ソフトウェアの学生向けインターンシッププログラムの募集が、USTREAMの生放送で公開されました。

フロム・ソフトウェア インターンシップ説明会 on USTREAM


このインターシッププログラムの内容がまたユニークです。
5日間2名一組で、twitter(ツイッター)を用いてゲームを制作するというもの。
「フロムソフトウェアがどんな会社?」「インターシップってどんなことするの?」などの疑問が、この生放送で分かると思います。
ゲーム業界を目指す学生の方、必見!



*フロム募集ページより抜粋*
■twitter を用いたゲーム企画・制作を体験!!
2名1組のチームを組み、twitter(ツイッター)を用いて実際にゲームを制作していただきます。企画から制作・体験プレイまで、ゲームづくりを体験していただけます!
現場開発者からの生講義、作品フィードバックなども受けられ、インターンシップでしか体験できない内容となっています!

2010年8月23日(月)−8月27日(金)
10:00〜19:00 (休憩1時間含む) 
フロム・ソフトウェア本社1階(東京渋谷区)
応募についてなどの詳細はリクナビ2012をご覧下さい。
http://job.rikunabi.com/2012/company/internship/r927800043/



[ITmedia]
日々是遊戯:
フロム・ソフトウェアの学生向けインターンシッププログラム、今年のお題は「Twitterゲーム」
http://gamez.itmedia.co.jp/games/articles/1007/14/news067.html


posted by 企画屋一号 at 10:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 勉強会(MTG)

2010年07月02日

Game Tools & Middleware Forum 2010東京会場が開催

7月1日に、Game Tools & Middleware Forum 2010(GTMF)が都内で開催されました。GTMFとはゲーム開発者向けのゲームツールやミドルウェアの説明会です。

Game Tools & Middleware Forum 2010
http://www.info-event.jp/gtmf2010/
http://www.info-event.jp/gtmf2010/tokyo.htm


EPIC Games JapanからはUnrealエンジン、CRIからはADX2、MicrosoftからはKinectと、ゲーム開発を取り巻く環境の大きな変化が伺えます。
関連記事は、こちら!


[4Gamer.net]
Game Tools & Middleware Forum 2010で公開されたSCEの最新テクノロジーアップデート
http://www.4gamer.net/games/032/G003263/20100701085/

ゲーム開発の進捗管理ツールを事例を交えて紹介。GTMF 2010「銃声とダイヤモンドができるまで 〜EsPix Pro 誕生秘話〜」セッションレポート
http://www.4gamer.net/games/032/G003263/20100702018/

ミニゲーム3本を実演! 「Kinect」の技術情報を紹介したGTMF 2010「Xbox 360向けゲーム開発者のための最新テクノロジー」セッションレポート
http://www.4gamer.net/games/112/G011268/20100701083/


[Game Watch]
「Game Tools & Middleware Forum 2010」東京会場が開催
SCEは3D立体視とPS Move、マイクロソフトはKinectを披露
http://game.watch.impress.co.jp/docs/event/20100701_378034.html

「Game Tools & Middleware Forum 2010」ミドルウェア系セッションレポート
シリコンスタジオが業界に提案する「ドリームチームプロトコル」ほか
http://game.watch.impress.co.jp/docs/event/20100701_378067.html


[GameBusiness.jp]
【GTMF2010東京】Kinectが日本初公開!?触った開発者達の感想は?
http://www.gamebusiness.jp/article.php?id=1810

【GTMF2010東京】大量の画像データに埋もれた悲劇、『銃声とダイヤモンド』と「EsPix Pro」誕生秘話
http://www.gamebusiness.jp/article.php?id=1809

【GTMF2010東京】サウンドデザイナーの心強い味方、ADX2がお披露目
http://www.gamebusiness.jp/article.php?id=1806


[ファミ通.com]
CRI・ミドルウェアとオートデスクが“Game Tools & Middleware Forum 2010”で最新ツールの概要を紹介
http://www.famitsu.com/game/news/1237170_1124.html

開発ツールのカンファレンス“Game Tools & Middleware Forum 2010”でKinectが本邦初お披露目
http://www.famitsu.com/game/news/1237167_1124.html

15年ぶりの大型バージョンアップ、CRI・ミドルウェアがサウンド制作ミドルウェアの“CRI ADX2”を提供
http://www.famitsu.com/game/news/1237067_1124.html
posted by 企画屋一号 at 10:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 勉強会(MTG)

2010年07月01日

SIG-Glocalization生放送

SIG-Glocalizationの小野さん(@kono3478)が、昨日16SHOTSにて生放送されました。
ゲストは、@lye_さん。
ローカライズに関する現場の声を聞くことが出来ます。



SIG-Glocalizationについては、下記のページをご覧下さい。

SIG-Glocalizationまとめ記事
http://o-planning.sblo.jp/article/36056675.html

SIG-Glocalization公式
https://sites.google.com/site/sigglocsummary/

LYE@はてな
http://d.hatena.ne.jp/LYE/

posted by 企画屋一号 at 08:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 勉強会(MTG)

2010年06月14日

E3 2010情報!

いよいよ明日からE3 2010が開幕します。
各種情報をこのページにて追加していく予定です。

E3 2010公式ページ
http://www.e3expo.com/

E3 Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/Electronic_Entertainment_Expo

続きを読む
posted by 企画屋一号 at 20:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 勉強会(MTG)

2010年06月09日

CyverConnect2のcc2Live「商品デザインとゲームデザイン」講演配信が凄い!

「CC2 LIVE」と題し、サイバーコネクトツー社内で実施される講演がWEB配信されています。
6/7(月)配信第1弾として、もじぴったん中村 隆之氏による「商品デザインとゲームデザイン」講演が配信されました。
http://www.ustream.tv/channel/cc2live

アーカイブが公開されましたのでご紹介します。
必見です!

CC2LIVE 06/07/10 12:08AM


続きを読む
posted by 企画屋一号 at 06:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 勉強会(MTG)