2014年09月14日

「3Dゲームをおもしろくする技術 」のいろいろな読み方

「3Dゲームをおもしろくする技術 」のいろいろな読み方をご紹介するスライドを作成しました。
よろしければ、どうぞ。
posted by 企画屋一号 at 12:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 書籍紹介

2014年09月05日

【正誤情報】3Dゲームをおもしろくする技術

■本書第1刷の内容に下記のような誤りがありました。お詫びの上、訂正いたします。

●394ページ 本文7行目から10行目
初代『スーパーマリオブラザーズ』が、Bダッシュなしで全ステージをクリアできるかのような記述をしております。しかし、実際には、Bダッシュを使わないとクリアできないステージも存在します。
読者の皆様、並びに、関係者の皆様に深くお詫びします。

[SBクリエイティブ「3Dゲームをおもしろくする技術」]
・サポートページ
http://www.sbcr.jp/products/4797357363.html
・正誤情報ページ
http://www.sbcr.jp/support/12030.html

[O-Planning「3Dゲームをおもしろくする技術」]
・サポートページ
http://o-planning.jp/book/book_2014_001/

----------------------------------
なお、初代『スーパーマリオブラザーズ』のBダッシュに関しては、 やまなしレイオス氏がブログにて詳細な情報を掲載されております。ぜひ、ご一読頂ければと思います。

やまなしなひび−Diary SIDE−
Bダッシュなしで、本当に『スーパーマリオブラザーズ』はクリア出来るか
http://yamanashirei.blog86.fc2.com/blog-entry-1808.html


posted by 企画屋一号 at 10:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 書籍紹介

2014年07月21日

もうすぐ「3Dゲームをおもしろくする技術」が発売されます!

ゲームを作ってはみたけれど、なぜかゲームがおもしろくならない、操作性がよくならない、プレイしてどきどきしない。そんな問題に直面した方にぴったりな書籍を作りました。もちろん「ゲームは作らないけど、もっとゲームのことが知りたい!」と思われる方にも「こんな風にゲームは作られていたのか!」と発見を楽しんで読んでもらえる本です。

予約受付中!「3Dゲームをおもしろくする技術」
http://www.amazon.co.jp/dp/4797357363/
http://www.sbcr.jp/products/4797357363.html

とにかく具体的に、とにかく詳細に説明しようとした結果、ページ数752ページ! 作図数2000枚を超える大作となってしまいました。ただし、どのページを開いてもイラストのない見開きページはほとんどありません。また、序盤では、ちょっとだけ2Dゲームについても解説していますので、3Dゲームだけでなく2Dゲームを作られる方にも十分お役に立つと思います。

詳細はこちら!


ありがたいことに、予約日二日目にしてamazonのIT・コンピューターランキングで1位となりました。「ちょっと読んでみたい」と思われた方は、ぜひご予約を!
posted by 企画屋一号 at 16:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 書籍紹介

2012年05月03日

新入生・新入社員にチェックしてほしいゲームデザイン書籍&webサイト集

5月になり暖かくなりましたね。
新入生・新入社員は、新しい環境にちょっと慣れてきた頃だと思います。そこで、今回は、新生活のスタートに合わせて、読んでいただきたいゲームデザインに関する書籍をご紹介します。

続きを読む
posted by 企画屋一号 at 17:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 書籍紹介

2011年03月21日

「ドコモマーケット(iモード)で売るためのiアプリプログラミング」 もうすぐ発売!!

今年1冊目の書籍が完成しました!
国内最大の携帯キャリアである「ドコモ」が昨年12月にモバイルコンテンツ販売サービスを開始しました。その名は「ドコモマーケット(iモード)」。
この本では、開発ツールのインストールからアプリの作成、そして、アプリの提供までをわかり易く解説しています。

iappbook.jpg





大型本: 484ページ
出版社: ソフトバンククリエイティブ (2011/3/24)
ISBN-10: 4797363126
ISBN-13: 978-4797363128
発売日: 2011/3/25


誰でも参戦できるケータイアプリ新市場
2010年12月より開始されたドコモマーケット(iモード)で販売するためのiアプリ作成方法を解説。最新のiアプリ開発環境であるAppliStudioとSOGフレームワークを使って、アプリを制作しドコモマーケットに登録するまでを詳説する。
サンプルプログラム満載。


・サンプルプログラム





★HOP STAR★




ウゴピク



続きを読む
posted by 企画屋一号 at 21:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 書籍紹介

2010年10月04日

【書籍紹介】美少女ゲームシナリオバイブル

ゲーム製作の入門書は数多くありますが「実践」を意識した書籍は多くないのが現状です。
例えるなら、多くの入門書は「竹刀」の使い方を解説していますが、今日紹介する「美少女ゲームシナリオバイブル」は、「真剣」の使い方を解説した名著です。
この書籍はタイトルからも分かるように、18禁美少女ゲームの製作方法について解説されています。しかし、その内容は前半の「コンセプトワーク」から、後半の「売れるものと作りたいもの」まで、あらゆるゲーム製作に共通するゲーム製作の「基礎」と「ノウハウ」が直球で紹介されています。しかも、「分かりやすく」です。

もし、自分が新人に「ゲーム製作の参考になる書籍はありますか?」と言われたら責任を持って「ゲーム製作の教科書」として薦められる一冊です。

ただし、書籍で扱っているゲームデザインはアドベンチャーの美少女ゲームのため、その他のゲームデザインには対応できない部分もあります。
しかしながら、「プロがどのような手順で、どのような方法で、どのような目的をもってゲームを製作しているのか」ということについては、とても明確に答えてくれています。



この書籍で特に気に入った内容をご紹介します。

 「つくりたいもの」と「売れるもの」は一致します。にもかかわらず、多くの人が「つくりたいものと売れるものは一致しない」という言い方をします。なぜなのでしょうか?
 実は、自己弁護なんですね。自分が作りたいものが売れないのは「自分にそれだけの能力がなく」「そもそも自分が書きたいものがない」からという真実を隠す方便になっているんです。
 つくりたいものと売れるものが一致しないと言えば、ああ商業だからね、それがプロの世界だもんね、とみんな納得してくれます。場合によっては慰めてくれるかもしれません。でも、そこで甘えてはいけません。
 「自分のつくりたいもの」と「売れるもの」が一致しないというのは、相当マイナーな指向を持っている場合です。

 



これからゲーム業界を目指している方にも、そして、プロの方にもお勧めの一冊です。





単行本: 425ページ
著者 : 鏡 裕之
出版社: 愛育社 (2009/07)

ISBN-10: 475000362X
ISBN-13: 978-4750003627
発売日: 2009/07



続きを読む
posted by 企画屋一号 at 10:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 書籍紹介

2010年09月24日

CEDEC2010で発見!「Being Management 2」と「TOC/CCPM 標準ハンドブック」

CEDEC2010メーカー展示コーナーにて見つけた「Being Management 2」をご紹介します。



Being Management 2
http://www.toc-ccpm.net/product/
http://www.beingcorp.co.jp/corporate/news/press/div-2010-3/090916

BEING
http://www.beingcorp.co.jp/


実は、最初これを見たとき、「Microsoft Project」と同様のガントチャートでスケジュールを管理するツールかと思っていました。
しかし、スタッフの方の説明を聞いたところ、「TOC/CCPM」というプロジェクトマネジメント手法に基づいたマネジメントシステムであることが分かりました。
この「TOC/CCPM」のマネジメントの考え方は非常に面白いものです。プロジェクトごとに「バッファ」と呼ばれる作業の予備スケジュールを確保して、進捗にあわせてこの「バッファ」を消費していく方式で管理していきます。


続きを読む
posted by 企画屋一号 at 19:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 書籍紹介

2010年08月15日

【書籍紹介】「映像の原則」―ビギナーからプロまでのコンテ主義 富野由悠季(著)

「機動戦士ガンダム」を生み出した富野 由悠季監督の書籍です。
映画、アニメ制作者向けて、題名通り「映像の原則」について学習できる教科書です。また、映像制作とは何か? 演出とは何か? 映画的なるものとは何か?」について、「富野節」で読者に容赦なく問いかけてきます。

表紙から「本書を何度読んでもわからないという方は、やはり映像業界に就くことはお勧めできません」と書いてあるように、「読者を選ぶ」書籍です。また、「良薬は口に苦し」と言わんばかりに非常に「苦く」、ときには「毒をもって毒を制す」と言わんばかりに、映像の原則について述べながらも読者に叱咤激励を畳みかけてきます。
 
しかし、この書籍には「コンテ1000本切りの富野」の異名を取ったと言われる富野監督ならではの「映像に関する原則」がギッシリ詰まっており飾らぬ言葉で説明されています。
その中には、ゲームの映像だけでなく、ゲームデザインの参考にもなる要素も含まれています。

なぜ、アクションゲームのHPゲージは、左側の方にレイアウトされている方が落ち着くのか?
なぜ、横スクロールのシューティングゲームは、右側に進むのか?

これらの疑問について、この「映像の原則」を読み解くことで、一つの答えに辿り着くことと思います。




単行本: 329ページ
出版社: キネマ旬報社 (2002/02)
ISBN-10: 4873765803
ISBN-13: 978-4873765808
発売日: 2002/02


「目次詳細」は「続きから」をクリック!続きを読む
posted by 企画屋一号 at 20:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 書籍紹介

2010年08月03日

【書籍紹介】「ゲームシナリオのためのファンタジー辞典」知って起きたい歴史・文化・お約束110

今日は新刊を一冊ご紹介します。

「ゲームシナリオのためのファンタジー辞典」
知って起きたい歴史・文化・お約束110
(山北篤著)


book_fantasydic.jpg



単行本: 272ページ
出版社: ソフトバンククリエイティブ (2010/8/3)
言語 日本語
ISBN-10: 4797359846
ISBN-13: 978-4797359848
発売日: 2010/8/3


題名通り、シナリオライター向けファンタジー辞典です。
著者は、「魔法辞典」「悪魔辞典」「幻想図書辞典」などを手掛けた山北篤氏です。
この書籍は、ゲーム的世界観を構築するために必要な「国家」「魔法」「武器」「宗教」「世界」「魔物」「生活」と七つのカテゴリに分けてを広く紹介しています。
初めて「ゲームシナリオを書いてみたい」「ゲームの世界観を構築してみたい」という方にとって、世界観を知るための最初の書籍としてお勧めの一冊です。
続きを読む
posted by 企画屋一号 at 10:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 書籍紹介

2010年06月29日

iPad版『デジタルゲームの教科書』発売開始!

あの『デジタルゲームの教科書』がiPad版で発売中です。
7月11日までは特別価格900円のお買い得価格!
しかもカラーです。


iPad版『デジタルゲームの教科書』
http://itunes.apple.com/jp/app/id378765546?mt=8

bookimage_digital.png




発売日: 2010/5/15
単行本: 536ページ
出版社: ソフトバンククリエイティブ (2010/5/15)
ISBN-10: 4797358823
ISBN-13: 978-4797358827



詳細な目次は下記の記事に掲載しています。

ソフトバンククリエイティブ「デジタルゲームの教科書」
http://o-planning.sblo.jp/article/37238728.html
posted by 企画屋一号 at 19:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 書籍紹介

2010年04月19日

ソフトバンククリエイティブ「デジタルゲームの教科書」

ソフトバンククリエイティブ「デジタルゲームの教科書」予約受け付け開始です。

bookimage_digital.png

ソフトバンククリエイティブより「デジタルゲームの教科書 知っておくべきゲーム業界最新トレンド」が5/15に発売されます。
IGDA日本でおなじみの著名な方々、大学の先生方が執筆されています。
目次の詳細を見て頂ければ、ゲーム業界のトレンド、および技術、そしれ歴史までを広く扱った書籍であることが分かって頂けると思います。
また、現在の「日本のゲーム業界の立ち位置」が分かるお勧めの書籍です。




発売日: 2010/5/15
単行本: 536ページ
出版社: ソフトバンククリエイティブ (2010/5/15)
ISBN-10: 4797358823
ISBN-13: 978-4797358827


目次の詳細も掲載しました。
購入前の参考にしていただければと思います。
続きを読む
posted by 企画屋一号 at 23:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 書籍紹介

2010年04月04日

FREE フリー〈無料〉からお金を生みだす新戦略 (ハードカバー)




フリー <無料>からお金を生みだす新戦略
クリス・アンダーソン著
小林弘人 監修・解説 / 高橋則明 訳
NHK出版 刊 2009年11月26日発売!
定価:1,890円(税込み)
四六判上製 352ページ
ISBN978-4-14-081404-8
フリーはビジネスの破壊者か?それとも創造の神なのか!?
世界的ベストセラー『ロングテール』に続いて米ワイアード誌編集長が放つ21世紀の経済モデル!

ワイアードの編集長であるChris Andersonが執筆した世界的ベストセラー「FREE」です。
現在の経済モデルの潮流をいち早く察知した前著「ロングテール」。さらにその先の経済モデルを紹介したのが「FREE」です。有料モデルのみのビジネスモデルが終演を迎え、無料モデルから有料モデルへの流れ、そして共存への道が分かりやすく説明されています。
この本で語られている内容は、ゲーム業界にも大きく関連のあることばかりです。ソーシャルゲームが、なぜ現在ビジネスとして大きく成長しようとしているのか。その答えもこの書籍の中で見つけることができるでしょう。

続きを読む
posted by 企画屋一号 at 10:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 書籍紹介

2009年11月11日

iPhone Core Audioのバイブル的書籍「iPhone Core Audioプログラミング」発売!!

「iPhone Core Audioプログラミング」が手に入りましたのでご紹介します。



世界初!! iPhone OSおよびMac OS Xのデジタルオーディオインフラストラクチャ「Core Audio」を、豊富なサンプルコードとともに徹底解説。iPhoneプログラマ必携!

本書は以下のような機能をiPhoneに搭載したい場合に、役立ちます。

・アプリケーションに簡易再生・録音を組み込みたい
・シンセサイズが行いたい
・あらゆるフォーマットのサウンドファイルを再生したい
・リニアPCMを直接操作する高度なサウンドファイルの再生を行いたい
・ゲーム等で場面に応じた距離と方向による音の定位を行いたい
・複数のサウンドファイルを同時に再生したい
・サウンドファイルを変換したい
・波形編集を行いたい
・モニタリング機能を持った録音が行いたい



さらにくわしい紹介は、著者"永野哲久"さんのブログにもあります。

My Codex Leicester
「iPhone Core Audioプログラミング」(書籍) 11/11ごろ発売

http://nagano.monalisa-au.org/?p=979

では、ここからは私の書評を書きます。

続きを読む
posted by 企画屋一号 at 21:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 書籍紹介

2009年10月20日

10月 新刊情報

今月発売される気になる新刊をご紹介します。
(一部、9月発売のものがあります)

まずは、今月の気になる1冊から!!

「数学戦士」


続きを読む
posted by 企画屋一号 at 21:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 書籍紹介