2012年03月07日

Unity iOS,Androidライセンスが無料!(4/8まで)

GDCの開催に合わせて、UnityのiOS,Androidライセンスが無料でダウンロードできます。
https://store.unity3d.com/
補足:このライセンスは有料ライセンスを無料で放出しているとのことです。4/8以降も利用できます。



Unityのライセンスですが、下記のような構成になっています。

[Unity無料版]
無料で利用できるライセンスです。一部機能が限定されています。また、ライセンス規約に表記されている条件(年間収益の規模が規約に表記されている以下であること)を満たしている必要があります。
通常は、この無料版Unityで開発したコンテンツをiOSやAndroid向けにビルドして販売するには、別途有料のiOSライセンスとAndroidライセンスの購入が必要でした。
今回は、この2つのライセンスが4/8まで無料となっています。

[UnityPro版]
Unityのすべての機能が利用できます。
また、上記のiOS,Android開発用の通常ライセンスが含まれています。
このiOS,Android開発用ライセンスにもPRO版があり、こちらは有料です。このライセンスを購入することで、各ターゲット用のすべての機能が使えるようになります。




では、UnityとiOS,Androidライセンスの入手方法について説明します。

1.Unity Storeを開きます。
https://store.unity3d.com/

2.「Unity FREE」のSelectボタンを押します。「Add Fratures」のAndroidとiOSの項目にあるSelectボタンを、それぞれクリックしてチェックを入れます。

3.画面下の「Add to Cart」を押します。
画面上のカートに購入したライセンスが追加されているので、Check Outボタンを押します。

4.Unityアカウントを入力後、ライセンス購入に必要なメールアドレスをはじめとする個人情報を入力します。
(Unityアカウントがない方は、「Sing up」リンクから新規作成してください)

5.メールでライセンスのシリアルナンバーが届きます。

6.UnityのダウンロードページからUnity3.5をダウンロードします。
http://unity3d.com/unity/download/

7.Unityを起動するとレジスターが画面が表示されるので「Registar」ボタンを押します。次に、アクティベート画面が表示されるので、「Internet activation」を選択し「次へ(N)>」ボタンを押します。
(すでにUnityをインストール済みの場合は、Helpメニューの「Enter Serial Number」を選択して、表示されたダイアログのReactiveボタンを押してアクティベートを一度解除します)

8.自動的にブラウザが起動して、レジスターページを表示します。
画面下の「if you already have a serial number you can enter it below:」の項目にシリアルナンバーを入力して、「Activate Unity」ボタンを押すとアクティベート完了です。

9.Unityの「File」メニューにある「Build Setting」に、iOSとAndroidがターゲットとして表示されます。




今回のUnity iOS,Androidの無料化は、とりあえずPROライセンス条件(一定以上の収益)を満たしてない人に自由Unity使ってもらって、「もし、アプリ売れて成功したらPROライセンスを購入してね!」というようなスタンスかもしれません。
ぜひ、興味のある方は挑戦してみてください。






















posted by 企画屋一号 at 01:26| Comment(0) | TrackBack(0) | Unity
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/54322516

この記事へのトラックバック