2010年03月06日

SIG-Glocalizationの記事まとめ

SIG-Glocalizationは、海外ゲーム企画・開発・営業のノウハウを会社の垣根を越えて共有する勉強会です。
ライターの小野さんを中心に、海外ゲーム開発に感心のある多くの方が参加されています。
SIG-Glocalizationでは、非常に貴重な情報が公開、交換されています。
私ことO-Planningでは、海外向けゲーム企画・開発の経験が長いため、これからご紹介する記事の内容に非常に共感をしています。
ぜひ、海外向けゲーム制作に興味のある方はご覧ください。


SIG-Glocalizati
https://sites.google.com/site/sigglocsummary/

--------------------------------------------------
SIG-Glocalizationとは?

SIG-GlocalizationはIGDA日本に属する専門部会です。
ゲームビジネスのグローバル化とデジタル配信時代における、ローカリゼーション技術の向上と、海外向け配信の可能性について議論し、知見を蓄積することで、ゲーム業界全体の底上げを目的としています。
当SIGはCEDEC2009のラウンドテーブルを母体に誕生しました。また米IGDAのLocalization-SIGと互いに情報共有を進めていきます。
--------------------------------------------------
【SIG-Glocalizati】
SIG-Gloc #1 第1回勉強会概要
http://www.slideshare.net/kono3478/siggloc-1

SIG-Gloc #2 第2回勉強会概要
http://www.slideshare.net/kono3478/siggloc-2


【IGDA JAPAN】
SIG-Glocal : 「SIG-Glocal」スタート?ローカライゼーションや市場による文化差をテーマにしたSIG
http://www.igda.jp/modules/bulletin/index.php?page=article&storyid=137

SIG-Glocal : グローカリゼーション部会(SIG-Glocalization)第1回研究会「コンソールゲームでの海外配信事例と、その課題」<10月17日(土)16:00>
http://www.igda.jp/modules/bulletin/index.php?page=article&storyid=156

SIG-Glocal : グローカリゼーション部会(SIG-Glocalization)第2回研究会「海外市場向けリサーチの活用法<12月12日(土)16:00>
http://www.igda.jp/modules/bulletin/index.php?page=article&storyid=194

SIG-Glocal : グローカリゼーション部会(SIG-Glocalization)第3回研究会「GDC10 ローカリゼーションサミット報告会」」<3月27日(土)16:00>
http://www.igda.jp/modules/bulletin/index.php?page=article&storyid=261

SIG-Glocal : IGDA日本グローカリゼーション部会(SIG-Glocalization)特別編「海外営業の必勝法!」12月23日(水・祝)14:00
http://www.igda.jp/modules/bulletin/index.php?page=article&storyid=213



SIG-Glocal : SIG-Glocalization勉強会の資料をアップしました
http://www.igda.jp/modules/bulletin/index.php?page=article&storyid=167

SIG-Glocal : SIG-Glocalization 特別セミナー「海外営業の必勝法!」記事等のまとめ
http://www.igda.jp/modules/bulletin/index.php?page=article&storyid=220

SIG-Glocal : SIG-Glocal第2回勉強会「海外市場リサーチとフォーカステストについて」の議事録公開
http://www.igda.jp/modules/bulletin/index.php?page=article&storyid=252




【その他資料】
第1回勉強会概要(2009/10/17)
テーマ:コンソール向けゲーム配信の実例と課題
スピーカー:ゲームアーツ 井上小枝子
https://sites.google.com/site/sigglocsummary/sig-gloc/sig01

第2回勉強会概要(2009/12/12)
テーマ:海外市場リサーチとフォーカステストについて
スピーカー:エンザイム研究所 池田英一
https://sites.google.com/site/sigglocsummary/sig-gloc/sig02

特別編1概要(2009/12/23)
テーマ:海外営業の必勝法!
スピーカー:ナウプロダクション 大信英次
https://sites.google.com/site/sigglocsummary/sig-gloc/sigex1


【CEDEC2009関連講演】
日本から海外へ!−今日から役立つローカライズ技法−
小野 憲史
ゲームジャーナリスト
(他)
http://cedec.cesa.or.jp/2009/contents/prg/pg_1047.html

ワールドワイドタイトルのゲームデザイン、ハードコアゲームからカジュアルゲームまで
本山 博文
株式会社バンダイナムコゲームス
http://cedec.cesa.or.jp/2009/contents/prg/pg_1092.html

多言語対応におけるGUIノウハウの共有
栗城 桂子
株式会社スクウェア・エニックス
デザイナー
(他)
http://cedec.cesa.or.jp/2009/contents/prg/pg_1033.html



【関連記事】
海外でゲームを売るには・・・IGDA グローカリゼーション部会 第2回「海外市場リサーチとフォーカステストについて」
http://www.gamebusiness.jp/article.php?id=799

発会社が世界に向けたゲームを配信する苦労 IGDA日本 SIG-Glocalization 第一回勉強会
http://www.inside-games.jp/article/2009/10/19/38266.html

海外で日本製ゲームが売れなくなってきた・・・IGDA グローカリゼーション部会 第2回「海外市場向けリサーチの活用法」前編
http://www.inside-games.jp/article/2009/12/14/39373.html

海外でゲームを売るには・・・IGDA グローカリゼーション部会 第2回「海外市場向けリサーチの活用法」後編
http://www.inside-games.jp/article/2009/12/14/39374.html


【GDC2010】
Loc Summit10
http://www.slideshare.net/kono3478/loc-summit10

SOE-LOC
http://www.slideshare.net/kono3478/soeloc-3653558

参考資料
ネヴァーウィンター・ナイツ日本語版
http://sega.jp/pc/baldurs/nwn/guide8.html#30

posted by 企画屋一号 at 12:20| Comment(0) | TrackBack(1) | ゲーム開発
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/36056675

この記事へのトラックバック

珠洲ノ宮 〜Ar tonelicoIII hymmnos concert side. 紅〜 |ゲーム・ミュージック
Excerpt: 珠洲ノ宮 〜Ar tonelicoIII hymmnos concert sid...
Weblog: 得アマゾン探検隊
Tracked: 2010-03-07 19:31