2009年10月26日

チケット駆動開発(TiDD)のサービスあれこれ

今日は、チケット駆動開発(TiDD)のサービスをご紹介します。
チケット駆動開発はアジャイルとセットで語られることの多い開発方法です。その名の通り発注者が「チケット」を発行し、開発者が「チケット」を受け取って処理します。
Microsoft Projectなどでお馴染みのガントチャートとは違い、作業内容の依存関係よりも、作業の優先度や作業コスト主体で管理できるため、ゲームのような要求仕様が変わりやすい開発では有効であるとされています。




Redmine
http://redmine.jp/
解説ページ
http://jibun.atmarkit.co.jp/lskill01/rensai/tool10/03/01.html

Redmineは、「チケット」「ロードマップ」「文書」「Wiki」「リポジトリ」、その他の様々な機能を持ったリッチなチケット駆動開発(TiDD)のサービスです。つい先日、私もテスト的に導入を行いましたが、非常に使いやすく強力です。また、プロジェクトの親子関係も設定できるようです。

ただし、wikiやテキストの制御に使われる構文はHTMLではなく独自のtextileフォーマとのため癖があります。(HTML形式を挿入する方法もあるようです)

また、Ruby On Railsを使用しているため動作速度も速いとは言えませんが、いろいろな高速化の方法が公開されていますので、サーバー環境に合わせて調整することで問題なく使えるようになります。





Backlog
http://www.backlog.jp/

こちらは、nulabが提供するBacklogというサービスです。
基本的なチケット機能はすべて実装されており、1プロジェクトであれば機能限定はありますが無料で使うことがあります。また、サーバーとセットのサービスなので、自前でサーバーを用意する必要はありません。日本の会社のサービスですので、日本語対応も十分です。

小規模開発でサーバーやサービス管理にコストを避けないプロジェクトであれば、このサービスを利用するのも良い選択だと思います。





Trac
http://trac.edgewall.org/
解説ページ
http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/COLUMN/20080414/298973/?ST=develop&P=1

ゲーム業界で「うちもTrac使っている」という話を良く聞くほど、稼働率の多いサービスです。ただし、プロジェクトの親子関係の設定がないなど、一部の機能でRedmineに及ばないところもあります。

プログラマの思索「RedmineとTracの機能比較」
http://forza.cocolog-nifty.com/blog/2009/05/redminetrac-905.html





Mantis
http://www.mantisbt.org/
http://www.alles.or.jp/~sogabe/mantis/
解説ページ
http://www.itmedia.co.jp/enterprise/articles/0812/03/news013.html

小規模プロジェクト向けのバグ管理サービスです。必要なチケット機能が実装されており、見やすい表示形式とシンプルなインターフェイスが好評のようです。

補足:
Mantisは純粋なバグトラッキングシステム(Bug Tracking System:BTS)で、これをチケット駆動開発に流用していると見るのが良いようです。リソース管理には向かないとされる所以も、基本がBTSであるからでしょう。



Bugzilla
http://www.bugzilla.org/
http://bugzilla.mozilla.gr.jp/

Tracと並んで扱われることの多いBugzillaです。ただ国内ゲーム業界(自分の周りでは)ではBugzillaの使用例はあまり聞いたことがありません。





Visual Studio Team System 2010 のアジャイル計画ツール
http://msdn.microsoft.com/ja-jp/magazine/dd347827.aspx

最後に、Microsoftから来年発売のVisual Studio Team System 2010です。バックログ形式の機能が実装されているようです。








posted by 企画屋一号 at 22:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/33210352

この記事へのトラックバック