2010年09月23日

CEDEC 2010を振り返って 〜第2日目〜

【9/1】二日目


・ゲームの知能と小説の感覚 ヒトの宇宙の究極(?)問題を考える
 基調講演 瀬名 秀明 (作家)

http://cedec.cesa.or.jp/2010/program/KN/C10_I0006.html

・瀬名秀明氏基調講演「ゲームの知能と小説の感覚 ヒトの宇宙の究極(?) 問題を考える」
・人気作家・瀬名秀明氏が明かす、ゲームのポイントは ...

「パラサイト・イヴ」の著者であり、薬学博士でもある瀬名秀明氏の基調講演です。
「重力」をテーマに、AIのチューリングテストから、瀬名氏は自らのパイロット体験、そしてミラーニューロンまでと、様々な視点から「人と重力」の関わり合いについて語られました。

特にフライトシミュレーターが好きな自分としては、瀬名氏のパイロット体験の話が興味深い内容でした。
人間の生活のほとんどは地上で生活しているため、二次元平面上で考えることがほとんどです。
これは、「地面」と「重力」があるおかげです。しかし、飛行機で空を飛ぶと、この「二次元の常識」が通用しません。それは、飛行機の操縦が完全な三次元空間での活動となるためです。
パイロットがもっとも恐れることに、「ファルスホライズン」と呼ばれるものがあります。
これは、飛行機の操縦時に「水平線」を見失い、どの方向に地面があるのか分からなくなる現象です。主に、快晴時の海など目印となるものが少ない環境で「ファルスホライズン」になりやすいと言われており、熟練したパイロットでも地平線を見失い事故を起こすことがあります。

私たちは常に「重力」を感じていることを考えると、一見ありえそうにもないことですが、実際には、飛行機の「移動時のG」や「思い込み」によって「ファルスホライズン」に陥ってしまうのです。また、一度、「ファルスホライズン」になると、自分で思った「水平」を維持しようと働き、計器が水平を示していなくても、計器の故障だと思ってしまうこともあるようです。

このように、「重力」は「地面に対してひっぱる力」だけでは認識できない「力」であることを瀬名氏はパイロット経験を通じて伝えようとしてくれていたのではないかと思います。





続きを読む
posted by 企画屋一号 at 10:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 勉強会(MTG)