2010年09月14日

CEDEC 2010を振り返って 〜第一日目〜

今年もCEDECへ行ってきました。
講師としては、三年目になるCEDEC2010。
セッションは公募制となり公募数は予定の3倍近にもなった今年のCEDECは、
レベルの高い内容となっていました。




CEDEC2010
http://cedec.cesa.or.jp/2010/
8月31日〜9月2日 開催
会場:パシフィコ横浜






【8/31】一日目

・オープニングスピーチ
 和田 洋一 CESA会長
・CEDECとは そのもたらす価値の追求
 松原 健二 CEDECフェロー

http://cedec.cesa.or.jp/2010/program/KN/C10_I0058.html

・CESA会長 和田氏のオープニングスピーチで今年もCEDECが ...
・CESA Developers Conference 2010がパシフィコ横浜にて開幕
CEDECフェロー松原氏「課題の顕在化が叡智を呼び起こす」
・CEDECはゲーム開発者の「課題を顕在化する場」,そして「自己研鑚を促す場」である。松原健二氏による基調講演「CEDECとは? ─そのもたらす価値の追求─」
・和田会長によるオープニング「日米欧の差はオープンな議論...

オープニングスピーチは、CESA会長 和田氏。
「最近、ゲーム産業で日本が欧米から遅れを取っているということを言われるが、そうは思わない」との話から、CEDECで開発者が交流することへの期待が語れました。
そして、CEDECフェロー松原氏の講演では、CEDEC初のニコニコ生放送にて生中継を実現。
CEDECの歴史、意義、そして、これからのCEDECの展望が語れました。
また、ご自身が過去に参加された北米開発者イベント"HotChips"での体験を元に「顕在化(共有化)が叡智を呼び起こす」ことの重要性について大きく触れられていました。


続きを読む
posted by 企画屋一号 at 11:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 勉強会(MTG)