CEDEC 2010を振り返って 〜第3日目〜

【9/2】三日目


・Defying Gravity: The Art of Tangible Bits
 重力に抗して:タンジブルビット
 石井 裕 (マサチューセッツ工科大学

http://cedec.cesa.or.jp/2010/program/KN/C10_I0007.html

・MIT教授 石井裕氏による基調講演「重力に抗して:タンジブルビット」
2200年の未来に何を遺すか? すべてのクリエイターに向けたメッセージ
・石井 裕教授が,基調講演「Defying Gravity: The Art of Tangible Bits 重力に抗して:タンジブル・ビット」で披露したMITメデ...

Tangible Media for Design and Inspiration


タンジブルビットとは、人間とコンピューターの距離を近づけるための考え方と技術です。
例えば、瓶を開ければ中に入っている内容物の香りを感じることができるのと同じように、瓶を開けることで音楽が再生されるデバイスを作ることで、誰でも直感的に分かるインターフェイスのコンテンツを作成可能となります。

このタンジブルビットを考え出したMIT教授 石井裕氏の講演は大変素晴らしく、CEDECに参加して本当に良かったと思いました。
まず、一点目に「プレゼンが圧倒的にうまい」ことに感動しました。次に、タンジブルビットが、今後のゲームの在り方を変えるヒントとなりうる内容であったことです。
現在のゲームデザインのインターフェイスの主流は「スイッチ」が基本となっています。コントローラーはスイッチの集合体です。アナログスティックで進化はしましたが、ボリュームつまみなどと同じようにスイッチの延長線上にあるものには違いありません。
スイッチは、あくまで処理をオン、オフするための記号化されたものです。ゲームと相性が良いインターフェイスは、車のハンドルコントローラや、飛行機のフライトスティックなどです。車や飛行機は、元々、動作や処理を記号化した機械ですので、そのコントローラがゲームと相性が良いのは当然と言えるでしょう。

しかし、私たちが手に触れる瓶やハサミなど、実際の道具とコントローラには、操作性に距離があります。ゲームのRPGなどで瓶が出た場合、コントローラのボタンを押して開けるというインターフェイスが一般的になるわけですが、そこには「現実感との距離」があります。

タンジブルビットの考え方は、ゲームをこれまでのスイッチが主体のコントローラからプレイヤーを解放する可能性があります。Wiiリモコンなどのモーションコントローラの出現は、その兆しかもしれません。

確実に一歩先を見据えた石井裕氏のタンジブルビットは、自分にとっても大きなアイデアの種を頂いたと思いました。

下記のページからタンジブルビットの様々な資料を見ることが出来ます。

tangible media group
http://tangible.media.mit.edu/


続きを読む
posted by 企画屋一号 at 11:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 勉強会(MTG)

2010年09月24日

"Multitouch x Mirage Pad Harmonzier for VJ"がEngadget Night 2010イベントでAcerブースにて出展決定!!

O-Planningが開発中の"Multitouch x Mirage Pad Harmonzier for VJ"が、なんとEngadget Night 2010イベントのAcerブースにて出展決定しました!!

ぜひ、23インチの巨大タッチパネルでMIRAGEが放つ新しい映像体験に触れてみて下さい。


  acer2.jpg


MPHEVE01.jpg


Engadget Night 2010イベント 参加受付開始、先着500名まで
http://japanese.engadget.com/2010/09/20/engadget-night-2010-500/

日時:2010年9月27日 (月) 20時 〜 23時 (19時30分 受付開始)
会場:渋谷 WOMB (渋谷区円山町 2-16)
会費:無料

申し込みはメールで
events.team@aol.jp
へ。受付は先着500名まで。

件名を" Engadget Night 2010 参加希望" として、本文に参加者一名の氏名 (ふりがな) および電話番号(任意) を記載してください。
受付は1通のメールにつき1名のみ。ひとつのアドレスで重複して複数名の申し込みも無効です。

締め切り後にこちらから確認メールを送信します。当日は確認メールをプリントアウトして持参してください。




MIRAGE PROJECT "Multitouch x Mirage Pad Harmonzier for VJ"とは?
MIRAGE PROJECTは、映像・音楽・センサーなどあらゆるメディアとデバイスをリアルタイムに融合してインタラクティブコンテンツをオーサリングする"MIRAGE ENGINE"の開発プロジェクトです。
その第一弾として製作したのが、VJソフト"Multitouch x Mirage Pad Harmonzier for VJ"です。
多くのクラブでの稼働実績を持ち、その他、インタラクティブコンテンツ研究の分野にも提供をはじめています。


Multitouch x Mirage Pad Harmonzier for VJ play ver 0.714 demonstration


MIRAGE PROJECT PV2-R2


posted by 企画屋一号 at 22:46| Comment(0) | TrackBack(0) | MIRAGE PROJECT

CEDEC2010で発見!「Being Management 2」と「TOC/CCPM 標準ハンドブック」

CEDEC2010メーカー展示コーナーにて見つけた「Being Management 2」をご紹介します。



Being Management 2
http://www.toc-ccpm.net/product/
http://www.beingcorp.co.jp/corporate/news/press/div-2010-3/090916

BEING
http://www.beingcorp.co.jp/


実は、最初これを見たとき、「Microsoft Project」と同様のガントチャートでスケジュールを管理するツールかと思っていました。
しかし、スタッフの方の説明を聞いたところ、「TOC/CCPM」というプロジェクトマネジメント手法に基づいたマネジメントシステムであることが分かりました。
この「TOC/CCPM」のマネジメントの考え方は非常に面白いものです。プロジェクトごとに「バッファ」と呼ばれる作業の予備スケジュールを確保して、進捗にあわせてこの「バッファ」を消費していく方式で管理していきます。


続きを読む
posted by 企画屋一号 at 19:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 書籍紹介

2010年09月23日

CEDEC 2010を振り返って 〜第2日目〜

【9/1】二日目


・ゲームの知能と小説の感覚 ヒトの宇宙の究極(?)問題を考える
 基調講演 瀬名 秀明 (作家)

http://cedec.cesa.or.jp/2010/program/KN/C10_I0006.html

・瀬名秀明氏基調講演「ゲームの知能と小説の感覚 ヒトの宇宙の究極(?) 問題を考える」
・人気作家・瀬名秀明氏が明かす、ゲームのポイントは ...

「パラサイト・イヴ」の著者であり、薬学博士でもある瀬名秀明氏の基調講演です。
「重力」をテーマに、AIのチューリングテストから、瀬名氏は自らのパイロット体験、そしてミラーニューロンまでと、様々な視点から「人と重力」の関わり合いについて語られました。

特にフライトシミュレーターが好きな自分としては、瀬名氏のパイロット体験の話が興味深い内容でした。
人間の生活のほとんどは地上で生活しているため、二次元平面上で考えることがほとんどです。
これは、「地面」と「重力」があるおかげです。しかし、飛行機で空を飛ぶと、この「二次元の常識」が通用しません。それは、飛行機の操縦が完全な三次元空間での活動となるためです。
パイロットがもっとも恐れることに、「ファルスホライズン」と呼ばれるものがあります。
これは、飛行機の操縦時に「水平線」を見失い、どの方向に地面があるのか分からなくなる現象です。主に、快晴時の海など目印となるものが少ない環境で「ファルスホライズン」になりやすいと言われており、熟練したパイロットでも地平線を見失い事故を起こすことがあります。

私たちは常に「重力」を感じていることを考えると、一見ありえそうにもないことですが、実際には、飛行機の「移動時のG」や「思い込み」によって「ファルスホライズン」に陥ってしまうのです。また、一度、「ファルスホライズン」になると、自分で思った「水平」を維持しようと働き、計器が水平を示していなくても、計器の故障だと思ってしまうこともあるようです。

このように、「重力」は「地面に対してひっぱる力」だけでは認識できない「力」であることを瀬名氏はパイロット経験を通じて伝えようとしてくれていたのではないかと思います。





続きを読む
posted by 企画屋一号 at 10:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 勉強会(MTG)