2010年08月15日

【書籍紹介】「映像の原則」―ビギナーからプロまでのコンテ主義 富野由悠季(著)

「機動戦士ガンダム」を生み出した富野 由悠季監督の書籍です。
映画、アニメ制作者向けて、題名通り「映像の原則」について学習できる教科書です。また、映像制作とは何か? 演出とは何か? 映画的なるものとは何か?」について、「富野節」で読者に容赦なく問いかけてきます。

表紙から「本書を何度読んでもわからないという方は、やはり映像業界に就くことはお勧めできません」と書いてあるように、「読者を選ぶ」書籍です。また、「良薬は口に苦し」と言わんばかりに非常に「苦く」、ときには「毒をもって毒を制す」と言わんばかりに、映像の原則について述べながらも読者に叱咤激励を畳みかけてきます。
 
しかし、この書籍には「コンテ1000本切りの富野」の異名を取ったと言われる富野監督ならではの「映像に関する原則」がギッシリ詰まっており飾らぬ言葉で説明されています。
その中には、ゲームの映像だけでなく、ゲームデザインの参考にもなる要素も含まれています。

なぜ、アクションゲームのHPゲージは、左側の方にレイアウトされている方が落ち着くのか?
なぜ、横スクロールのシューティングゲームは、右側に進むのか?

これらの疑問について、この「映像の原則」を読み解くことで、一つの答えに辿り着くことと思います。




単行本: 329ページ
出版社: キネマ旬報社 (2002/02)
ISBN-10: 4873765803
ISBN-13: 978-4873765808
発売日: 2002/02


「目次詳細」は「続きから」をクリック!続きを読む
posted by 企画屋一号 at 20:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 書籍紹介