2010年04月29日

IGDA日本・関西ゲームAI ラウンドテーブル

5/8(土曜日)にIGDA日本・関西ゲームAI ラウンドテーブルを開催します!
講師は、IGDAで活躍されているフロムソフトウェアの三宅さんです。(私もちょっとだけ講師します)
GDC2010で発表された最新のAI事情も踏まえながら、関西で初めての本格的なAI勉強会を行います。

ぜひ、ご参加下さい。



開催概要は以下の通りです。

■概要 第1回ラウンドテーブル:「ゲームAIの未来を考える」

ゲーム産業におけるゲームAI分野は、この10年の成果の上に、これからの10年飛躍的な進化を遂げデジタルゲームの未来への鍵となる技術となると予想されます。このラウンドテーブルでは、これまでのAI技術の発展を追いながら、これからのゲームAIについて討論を行います。ゲーム開発者、研究者、学生、皆様のお越しをお待ちしています。

■開催概要
2010年5月8日(土曜日):午後15時〜18時
(参加人数が多い場合は1時間延長を検討する)

■お申し込み
このフォームの末尾にあるエントリーフォームからエントリーしてください。

■申し込み締め切り
5月5日(水)※定員20名になり次第、締め切ります。

■主催IGDA日本、IGDA関西

■募集人員 20名

■講師・ラウンドテーブル世話人
三宅陽一郎(IGDA日本 ゲームAI専門部会世話人)
大野功二(IGDA関西 世話人)

■会場
株式会社ジャパンライフ新大阪丸ビル本館5F-503
http://www.japan-life.co.jp/jp/about/map.html
(AI-MLで流しました会場から変更となっております。お確かめ下さい)

■参加費
1500-2000円の間(左記の範囲で当日の経費を参加者で均等割りする形になります)

■スケジュール
14:50 開場
15:00 FPSのAI/日常系のAI
15:50 質疑応答
16:20 (休憩)
16:30 企画から見たゲームAIの潮流
17:00 (休憩)
17:10 ラウンドテーブルゲームAI技術の体系化と今後について
17:50 撤収

■■■申し込みはこちらから!■■■
下記のブログの記事の最後に、申し込みフォームがありますので、
そちらから申し込みしてください。

http://blogai.igda.jp/article/37451165.html

posted by 企画屋一号 at 22:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 勉強会(MTG)

2010年04月19日

ソフトバンククリエイティブ「デジタルゲームの教科書」

ソフトバンククリエイティブ「デジタルゲームの教科書」予約受け付け開始です。

bookimage_digital.png

ソフトバンククリエイティブより「デジタルゲームの教科書 知っておくべきゲーム業界最新トレンド」が5/15に発売されます。
IGDA日本でおなじみの著名な方々、大学の先生方が執筆されています。
目次の詳細を見て頂ければ、ゲーム業界のトレンド、および技術、そしれ歴史までを広く扱った書籍であることが分かって頂けると思います。
また、現在の「日本のゲーム業界の立ち位置」が分かるお勧めの書籍です。




発売日: 2010/5/15
単行本: 536ページ
出版社: ソフトバンククリエイティブ (2010/5/15)
ISBN-10: 4797358823
ISBN-13: 978-4797358827


目次の詳細も掲載しました。
購入前の参考にしていただければと思います。
続きを読む
posted by 企画屋一号 at 23:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 書籍紹介

2010年04月18日

Game Development Jems

ゲーム開発における様々なJemsです。

開発パイプライン
(準備中)

チケット駆動開発(TiDD)のサービスあれこれ
http://o-planning.sblo.jp/article/33210352.html

【イベント・カンファレンス】
2010 ゲーム業界向けイベント・カンファレンスリスト
http://o-planning.sblo.jp/article/35218013.html

個人メモ:2010イベント関連あれこれ
http://o-planning.sblo.jp/article/39857947.html


【参考資料】
LYE@はてな:Ustream で「ゲーム翻訳の流れ/使用 Tool」について独りごちました
http://o-planning.sblo.jp/article/37196051.html

posted by 企画屋一号 at 12:47| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム開発

LYE@はてな:Ustream で「ゲーム翻訳の流れ/使用 Tool」について独りごちました

ゲームの翻訳をされているLYEさんが、UStreamでゲーム翻訳の解説をしてくれました。

GDCでBioWareが発表した翻訳支援ツールから市販の翻訳支援ツールの紹介まで、翻訳のプロが解説するという貴重な内容です。



LYEさんのホームページにも解説がありますので、ぜひご覧ください。

LYE@はてな
http://d.hatena.ne.jp/LYE/
posted by 企画屋一号 at 12:39| Comment(1) | TrackBack(0) | ゲーム開発

2010年04月06日

Game Design Document

Game Design Documentおよび海外ゲーム開発の資料まとめです。
これの記事も1年くらいかかると思われます。

海外の企画書
http://o-planning.sblo.jp/article/32745936.html

Game Design Document誕生の考察
(準備中)

Game Design Documentの様々な種類
(準備中)

海外の仕様書
(準備中)

レベルデザイン
http://o-planning.sblo.jp/article/36923282.html

海外の開発パイプライン
(準備中)

その他
"Golbal Game" Strategy
http://o-planning.sblo.jp/article/36056547.html



【録画公開】第3回ゲーム企画・仕様作成ダダ漏れまとめ放送 Game Design Document特集
http://o-planning.sblo.jp/article/39439084.html

posted by 企画屋一号 at 16:49| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム開発