2010年02月04日

ランディ・パウシュ「最後の授業」

最近ニュースなどでも話題になっており「最後の授業」
そのランディ・パウシュは、ETC創設に大きく係わった人物です。

ETCはエンターテイメント分野の人材を育てるための教育機関です。
そのカリキュラムは、実践に近い創造性あふれるものが多く、注目されています。
CEDEC2009では「米国の産学連携成功事例」として講師と生徒が講演しました。

CEDEC2009 米国の産学連携成功事例
http://cedec.cesa.or.jp/2009/contents/prg/pg_ac06_2.html

ETC
http://www.etc.cmu.edu/

ETC 日本事務局(大阪)
http://www.etc.cmu.edu/japan/


海外のエンターテイメント教育における「精神」を彼が文字通り命をかけて伝えています。
といっても重い雰囲気の授業ではありません。ユーモアとウィットあふれる彼の授業をぜひご覧ください。


ランディ・パウシュの「最後の授業」



















posted by 企画屋一号 at 20:27| Comment(3) | TrackBack(1) | 日記