2010年02月09日

2010 ゲーム業界向けイベント・カンファレンスリスト

ゲーム業界関連の大きなイベントやカンファレンスをリストにしました。
時間が出来たら解説を加えるかもしれません。
また、これも「追加して!」というのがありましたら追加しますので、ご要望どうぞ。


2月

【Game Tools & Middleware Forum 2010 in Fukuoka(GTMF)】
2010/02/15 福岡:アクロス福岡
http://www.info-event.jp/gtmf2010/fukuoka.htm

【Online Game & Community service Conference 2010(OGC)】
2010/02/17 東京:ベルサール神田
http://www.bba.or.jp/ogc/2010/



3月

【Game Developers Conference 2010(GDC)】
2010/03/09-13 カリフォルニア州サンフランシスコ モスコーニコンベンションセンター
http://www.gdconf.com/japan/index.html



5月

【Game Developers Conference 2010 Canada(GDC)】
2010/05/06-07 カナダ:Vancouver Convention and Exhibition Centre
http://www.gdconf.com/japan/index.html



6月

【Game Tools & Middleware Forum 2010 in Osaka(GTMF)】
2010/06/15 大阪:グランキューブ大阪
http://www.info-event.jp/gtmf2010/fukuoka.htm

【ELECTRONIC ENTERTAINMENT EXPO 2010(E3)】
2010/06/15-17 ロサンゼルス:Convention Center
http://www.e3expo.com/



7月

【Game Tools & Middleware Forum 2010 in Tokyo(GTMF)】
2010/07/01 東京:大手町サンケイプラザ
http://www.info-event.jp/gtmf2010/fukuoka.htm

【SIGGRAPH 2010】
2010/07/25-29 ロサンゼルス:Convention Center
http://www.siggraph.org/s2010/



8月

【Game Developers Conference 2010 Europe(GDC)】
2010/08/16-18 ドイツ:Cologne Congress Center EastCologne
http://www.gdconf.com/japan/index.html

【CESA Developers Conference 2010(CEDEC)】
2010/08/31-09/02 横浜:パシフィコ横浜
http://cedec.cesa.or.jp/2010/



9月

【TOKYO GAME SHOW 2010】
2010/09/16-19 幕張メッセ(開催日・会場はまだ予定です)
http://tgs.cesa.or.jp/index.html



10月

【デジタルコンテンツEXPO】
2010/10/10-17 日本科学未来館&東京国際交流場
http://www.dcexpo.jp/



12月

【SIGGRAPH ASIA 2010】
2010/12/15-18 韓国:Coex Convention & Exhibition Center
http://www.siggraph.org/asia2010/



未定

【Game Developers Conference 2010 China(GDC)】
2010 開催日・会場未定
http://www.gdconf.com/japan/index.html

posted by 企画屋一号 at 14:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 勉強会(MTG)

2010年02月06日

DirectX Software Development Kit February 2010

DirectX Software Development Kit February 2010
http://www.microsoft.com/downloads/details.aspx?displaylang=en&FamilyID=2c7da5fb-ffbb-4af6-8c66-651cbd28ca15

新しいSDKがリリースされたようです。
時間があったら明日入れてみます。
posted by 企画屋一号 at 23:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 技術紹介

2010年02月05日

SIG-Indie : UDXオープンカレッジ SIG-Indie6「同人シューティングゲームの潮流-

2010年2月20日(土)UDXにて「IGDA日本 同人・インディーゲーム部会第6回研究会」が開催されます。
いつもよりチケットが早く売れています。
参加ご希望の方は早めにチケットをご購入ください。

IGDA日本 同人・インディーゲーム部会第6回研究会
http://www.igda.jp/modules/bulletin/index.php?page=article&storyid=247


(記事抜粋)
--------------------------------------------------------

UDXオープンカレッジ(ゲームクリエーターズ・カレッジ)
IGDA日本 同人・インディーゲーム部会第6回研究会(SIG-Indie6)



「同人シューティングゲームの潮流
- 80年代から現代まで、変化から学ぶ実践的な普遍性 - 」
----------------------------------------------------------

 IGDA日本(国際ゲーム開発者協会日本) 同人・インディーゲーム部会(SIG-Indie)は、第6回研究会を2010年2月20日(土)に開催いたします。
 
 (俯瞰型の)同人シューティングゲームは、同人ゲームのみならず、現代のゲームシーンの中でも、大きな存在感を持っています。その歴史は古く、同人ゲームの発端まで遡ることが出来ます。その長い歴史の蓄積と共に全体を俯瞰することが、ますます難しくなっています。
 そこで、本セミナーでは、80年代から現代までの同人・フリーのシューティングゲームの開発者をお招きし、これまで、同人シューティングゲームが歩んできた道をひとつひとつ丁寧に解説して頂くと共に、これからの同人シューティングゲームの発展の方向を議論し模索したいと思います。

 皆様のご参加をお待ちしております。

■日時 :2010年2月20日(土) 13:00-18:30 
            (受付時間12:30-)
■場所 UDXマルチスペース(東京フードシアター5+1) 
       http://www.foodtheater.jp/
 アクセス http://www.foodtheater.jp/access.html
■主催 :国際ゲーム開発者協会日本(IGDA日本) http://www.igda.jp/
■共催 :UDXオープンカレッジ http://www.icic.jp/workshop/
■後援:NTT都市開発株式会社/鹿島建設株式会社/ダイビル株式会社/株式会社クロスフィールドマネジメント/株式会社新産業文化創出研究所
■定員 :120名 (内容に関心のある方であれば、どなたでも参加できます)
■参加費:研究会のみ 2,000円(入場券チケットを購入して下さい)
       研究会および懇親会の両方に参加 5,500円
            (全席自由チケットを購入して下さい)

■申し込み期間: 2010/02/04(木)10:00 - 2010/02/18(木)18:00
■申し込み方法:    
※チケットの販売開始は、「e+」というチケット販売代理システムを利用して行います。
 詳しくは、後述の情報をご覧下さい。

◎プログラム
セミナー 13:00-18:30(時間の詳細、一部概要については、現在調整中です)

◇序論 
概要説明   三宅 陽一郎(IGDA日本 SIG-INDIE)

「全日本学生ゲーム開発者連合 (全ゲ連) 活動紹介」
藤枝 崇史 (全日本学生ゲーム開発者連合) http://d.hatena.ne.jp/zengeren/
◆第一部 80年代同人シューティングゲーム
「PC88時代のシューティングゲーム [概要] 」
司会・全体解説 沢出水(MANIAC HOUSE) http://www.maniac-house.com/
「実体験に基づく、少人数制作によるシューティングゲームの提案」
とある親父 (HALTsoftware) http://tauor.hp.infoseek.co.jp/

◆第二部 90年代同人シューティングゲームから現代まで
司会・全体解説:渡辺訓章(kuni-soft)

「超連射68K 開発日記 -弾幕世代以前の90年代 STG のこと-」
よっしん http://www2.tky.3web.ne.jp/~yosshin/index.html

「弾幕の科学――モデル化、生成、ランク、おもてなし」
長健太 (ABA Games) http://www.asahi-net.or.jp/~cs8k-cyu/

◆第三部 00年代同人シューティングから現代まで
司会・全体解説:三宅 陽一郎(IGDA日本 SIG-INDIE)

「SITER SKAIN的シューティングの実装について―神威・RefleX・ALLTYNEX Secondのお話―」
じるるん(SITER SKAIN) http://www.siterskain.com/

「RebRankなゲーム制作・Re:Blankなゲームデザイン」 
Yoko[blankvision](RebRank) http://www.rebrank.org/

「同人ゲーム開発における独自スクリプト言語」
Sheile(RebRank)http://www.rebrank.org/

「もうひとつのSAMIDARE ARCHIVE」
らいね(RebRank)http://www.rebrank.org/

「ゼロからプログラムを覚えてシューティングゲームを一つ作ったお話」
icewind(ふろーずんおーぶ)http://www.h7.dion.ne.jp/~icewind/yuki-usa/

「Here, The Future」
i-saint (primitive) http://i-saint.skr.jp/

◆第四部 パネル・ディスカッション
司会:三宅 陽一郎(IGDA日本 SIG-INDIE)
ゲストスピーカー D.N.A.(D.N.A. Softwares) http://www.dna-softwares.com/
講演者の皆様


19:00 - 21:00
懇親会 -
UDXマルチスペース(東京フードシアター5+1) セミナーと同じ会場です


■参加申し込みのためのチケット購入の方法と、注意点(必ずお読みください)
http://www.igda.jp/modules/bulletin/index.php?page=article&storyid=247
posted by 企画屋一号 at 13:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 勉強会(MTG)

2010年02月04日

ランディ・パウシュ「最後の授業」

最近ニュースなどでも話題になっており「最後の授業」
そのランディ・パウシュは、ETC創設に大きく係わった人物です。

ETCはエンターテイメント分野の人材を育てるための教育機関です。
そのカリキュラムは、実践に近い創造性あふれるものが多く、注目されています。
CEDEC2009では「米国の産学連携成功事例」として講師と生徒が講演しました。

CEDEC2009 米国の産学連携成功事例
http://cedec.cesa.or.jp/2009/contents/prg/pg_ac06_2.html

ETC
http://www.etc.cmu.edu/

ETC 日本事務局(大阪)
http://www.etc.cmu.edu/japan/


海外のエンターテイメント教育における「精神」を彼が文字通り命をかけて伝えています。
といっても重い雰囲気の授業ではありません。ユーモアとウィットあふれる彼の授業をぜひご覧ください。


ランディ・パウシュの「最後の授業」



















posted by 企画屋一号 at 20:27| Comment(3) | TrackBack(1) | 日記

2010年02月03日

ブログの右上に・・・・・・

ブログの右上にUStreamで生放送ブログパーツをつけました。

現在は、TwitterとMIRAGE ENGINEを連動させたMIRAGE SERVERの様子をUStreamで生放送するようにしています。
今日は1日サーバーの電源を入れて様子を見る予定です。
(明日からは不定期です)

現在、MIRAGE SERVERは、実験的にTwitterを「ゲーム」という単語で検索して、その結果をSoftalkで読み上げています。


おまけ:
@mirage_tw宛に、下記のようにつぶやくと勝手に作曲して歌います。(OrpeusというWebにアクセスして歌わせています)

@mirage_tw song 今日はいいお天気だなー。
(再生まで20秒以上かかります。また、Twitterの仕様により、ひとつのTwitter IDで同じ歌詞は一回しかつぶやけません)


てなことで。

posted by 企画屋一号 at 23:15| Comment(0) | TrackBack(0) | MIRAGE PROJECT